必要書類と登記費用について

【登記手続の必要書類】

 ・住民票

 ・認印

 ・身分証明書

 

登記する住所・氏名が記載された住民票が必要になります。※現住所で登記する場合又は購入物件の住所で登記する場合の2パターンがあります。いづれの住所で登記するのか決まってから取得してください。


・印鑑証明書

・住民票

・実印

・身分証明書

印鑑証明、住民票の必要通数は登記申請の形態によって異なります。また金融機関の手続でも必要になります。何度も役所に足を運ぶのは面倒ですので、必要通数が決まってから取得されることをオススメします。



▶その他に必要な書類

住宅用家屋の軽減措置の適用を受ける場合で、かつ、現住所で登記する場合は「現住家屋の処分方法を証する書面」が必要になります。現住家屋の処分方法を証する書類は、状況をお聞きした上で当方にて判断し、ご用意して頂きたい書類をお伝えいたします。

 

具体的には

  • 現住家屋が賃貸物件の場合、賃貸借契約書
  • 現住家屋が所有物件で売却予定の場合、媒介契約書又は売買契約書
  • 現住家屋に親族様が引き続き居住する場合、その旨の証明書

などの書類が考えられます。