登録免許税について

【登録免許税の計算に必要な情報】


①購入不動産の評価額/土地・建物両方

購入不動産の評価額は、評価証明書という書類に記載されています。不動産屋さんが評価証明書を持っていますので「登録免許税の計算をしたいので評価証明書のコピーを下さい」と伝えれば対応してくれます。

 

※マンションの場合、土地の評価証明書に敷地全体の評価額が記載されていることがあります。この場合は敷地の共有持分を乗じた額が敷地権の評価額となります。敷地の共有持分については、対象物件の登記事項証明書で確認できます。こちらも不動産屋さんが登記事項証明書をもっていますので「敷地の共有持分を教えて下さい!」と伝えれば対応してくれます。


②新築の場合は建物の床面積/構造

新築建物については、評価額が未定です。この場合は、新築建物課税標準価額認定基準表に記載の単価に新築建物の床面積を乗じた価格が新築建物の評価額となります。

 

新築建物課税標準価額認定基準表のサンプルはこちら


③住宅ローン利用の場合は、借入金額

住宅ローンの借入金額をもとに登録免許税が決まります。利息や借入期間は登録免許税とは無関係です。


④住宅用家屋の登録免許税軽減措置の適用の有無

住宅用家屋については一定の要件のもとで登録免許税が軽減されます。購入物件が軽減措置の適用対象かどうかの確認が必要です。

住宅用家屋の軽減措置はこちら


【登録免許税の計算方法】


●名義変更の登記(所有権移転登記)の登録免許税

売主様から買主様への名義変更(所有権移転)に必要な登録免許税です。

 

土地の評価額 × 0.015

建物の評価額 × 0.02

 

但し、住宅用家屋の軽減措置の適用がある建物については

建物の評価額 × 0.003

 

住宅用家屋の軽減措置はこちら


●住宅新築の登記(所有権保存登記)の登録免許税

住宅を新築した場合(所有権保存登記)に必要な登録免許税です。

 

建物の評価額 × 0.004

 

但し、住宅用家屋の軽減措置の適用がある建物については

建物の評価額 × 0.0015

 

住宅用家屋の軽減措置はこちら


●住宅ローンの担保設定登記(抵当権設定登記)の登録免許税

担保設定登記に必要な登録免許税です。

 

お借入金額 × 0.004

 

但し、住宅用家屋の軽減措置の適用がある場合は

お借入金額 × 0.001

 

住宅用家屋の軽減措置はこちら