不動産登記とは??

不動産登記手続きとは、土地や建物についての面積や所有者、権利関係などを法務局に備え付けられた登記簿というファイルに登記する(登録する)手続きです。

 

土地や建物は貴重な財産ですが、持ち歩いたりしまっておくことはできません。

ですから、国の管理下にある法務局に登記することで、権利関係を記録する必要があるのです。

 

たとえばある土地について、それがどこにあって、どんな土地なのか?面積は?誰が持っているのか?…

といった情報を、国が公の帳簿(登記簿)に記録し、またその形を地図に記録しする手続きを不動産登記手続といいます。
 

○不動産登記制度の必要性

戸籍には、人が出生してから亡くなるまでの履歴が記載されていますが、不動産登記もこれと同じように、土地や建物に関する履歴が記録されています。

 

例をあげれば、土地の登記簿には所在や番号のほか、面積やその利用状況である地目、それらの記録が登記されています。

 

また、誰が所有者かという所有権の登記のほか、土地を担保にして金融機関から融資を受けた場合や住宅ローンを利用した場合の抵当権など、所有権以外に関する権利も登記されています。こういった登記の内容や地図は、その土地の所有者以外の人でも知ることができ、制限はされていません。

 

登記の情報を記録し、公開する登記事務は、全国の法務局で取り扱われています。この制度によって不動産に関する情報が登録・公示されることから、国民の権利の保全が図られ、また不動産の取引の安全のためにも役立っています。

 

生活や地域社会の経済活動を安全、円滑に進める、なくてはならない制度です。