新築時の「表示登記」と「保存登記」って何??

住宅を新築しました。工務店から「表示登記」と「保存登記」が必要であるとの説明を受けましたが、違いが良くわかりません。教えていただけないでしょうか?


解説させていただきます。

「表示登記」とは、建物の構造や面積などを法務局に提出する手続です。土地家屋調査士が担当します。

「保存登記」とは、建物の所有者の住所・氏名を法務局に提出する手続です。司法書士が担当します。

順序としては、表示登記を先に行い、引き続き保存登記を行います。

表示登記と保存登記の2つが完了した段階で権利証が発行されます。

どちらか1つだけでは、権利証は発行されません。


一般的な住宅では、「表示登記」「保存登記」の両方が必要です。

田舎の広大な私有地に建設された住宅の場合など、まれに「保存登記」を行わない方もおられますが、


一般的な住宅の場合は、「保存登記」を省略する事は危険です。

前述の通り、保存登記を省略すると「権利証」が発行されません。

これは物件の所有者が登記上、確定していない状態であることを意味します。

簡単にいうと、物件の所有者がだれか不明な状態のまま放置している状態になるということです。

また住宅ローンを利用する場合には、「保存登記」は絶対に必要です。