建物登記の費用計算方法が5分でわかる!【パターン別、計算方法】


家やマンションなど、建物に関する登記手続きの費用計算方法をまとめました。家やマンションを買う!家を新築する!古い家を解体する!など、パターン別に登記費用の計算方法を解説しています。建物に関する各種登記費用の計算方法が5分で理解でします。家やマンションなど、建物に関する登記をお考えの方は必見の内容です。

 

 

中古物件を”現金”で購入する!所有権移転費用の計算方法

・司法書士の手数料42,000円

 (あやめ池司法書士事務所の場合)

 

・登録免許税/所有権移転(建物部分)
 購入する建物の固定資産評価額×2%
 (ただし、住宅用家屋証明書の取得ができる場合は、0.3%)

 

・登録免許税/所有権移転(土地部分)
 購入する土地の固定資産評価額×1.5%


・事前調査、登記事項証明書取得など
 約2,000円~3,000円程度

 

 ↓↓
これらの合計が登記費用となります。

 

 

中古物件を”ローン”で購入する!所有権移転+抵当権設定費用の計算方法

・司法書士の手数料65,000~円

 (あやめ池司法書士事務所の場合)


・登録免許税/所有権移転(建物部分)
 購入する建物の固定資産評価額×2%
 (ただし、住宅用家屋証明書の取得ができる場合は、0.3%)


・登録免許税/所有権移転(土地部分)
 購入する土地の固定資産評価額×1.5%


・登録免許税/抵当権設定
 借入金額×0.4%

 (ただし、住宅用家屋証明書の取得ができる場合は、0.1%)

 

・事前調査、登記事項証明書取得など
 約2,000円~3,000円程度

 

 ↓↓
これらの合計が登記費用となります。

 

住宅用家屋証明書とは

住宅用家屋証明書とは、一定の要件を満たす住宅に対して発行される証明書です。この証明書があると、登記手続に際して必要になる登録免許税の軽減措置を受けることができます。住宅用家屋証明書を取得するための要件を簡単にまとめると次の通りです。

 

□ 物件の築年数が20年以内

 (鉄筋コンクリート造などの強固建物は25年以内)

□ 物件の登記上の面積が50平米以上

□ 購入者の居住用不動産であること

 

詳細な要件を知りたい方は、物件所在地の市町村役場のHPをご確認ください。

 

 


建物表示登記の費用計算方法

建物表示登記とは、新築建物について、測量のうえ図面を作成、法務局へ建物の種類・構造・床面積、図面等を登録する登記手続きです。


・土地家屋調査士の手数料/60,000円~

 (あやめ池司法書士事務所と提携している土地家屋調査士の場合)


・事前調査、登記事項証明書取得など
 約2,000円~3,000円程度


 ↓↓
これらの合計が登記費用となります。
※アパート等大きな建物を新築した場合は、土地家屋調査士の手数料/90,000円~

 

図面のみ作成の場合

建物表示登記手続きのうち、図面の作成みのをご依頼いただくことも可能です。

 

土地家屋調査士の手数料/35,000円~

(あやめ池司法書士事務所と提携している土地家屋調査士の場合)

 

※図面の作成のみの料金です。建物表示登記の申請手続は含まれません。

 

 

所有権保存登記の費用計算方法

所有権保存登記とは、建物表示登記が終わった建物について、所有者様の住所・氏名を法務局に登録する手続きです。所有権保存登記をすることによって、法務局から所有者様に「登記識別情報(権利証)」が発行されます。

 

・司法書士の手数料42,000円~

 (あやめ池司法書士事務所の場合)

 

・登録免許税/所有権保存登記
 新築建物の評価額 × 0.15%(※住宅以外の建物の場合、0.4%)

 

・事前調査、登記事項証明書取得など
 約2,000円~3,000円程度

 

 ↓↓
これらの合計が登記費用となります。

 

 

所有権保存+抵当権設定登記の費用計算方法

住宅ローンを利用して、家を建てた場合、所有権保存登記と同時に、抵当権設定登記が必要になります。抵当権設定登記とは、住宅ローンの担保として不動産に、金融機関名義の抵当権を登録する手続きです。

 

・司法書士の手数料/65,000円

 (あやめ池司法書士事務所の場合)

 

・登録免許税/所有権保存登記
 新築建物の評価額 × 0.15%

 (※住宅以外の建物の場合、0.4%)

 

・登録免許税/抵当権設定登記
 お借入金額 × 0.1%
 (※住宅以外の建物場合、0.4%)
 (※すでに土地に抵当権を設定している場合は1500円)

 

・事前調査、登記事項証明書取得など
 約2,000円~3,000円程度

 

 ↓↓
これらの合計が登記費用となります。

 

 

古い家の滅失登記の費用計算方法

・土地家屋調査士の手数料/10,000円

 (あやめ池司法書士事務所と提携している土地家屋調査士の場合)

 

・事前調査、登記事項証明書取得など
 約2,000円~3,000円程度

 

 ↓↓
これらの合計が登記費用となります。

 

 

建物の床面積の修正/表題部変更・更正登記の費用計算方法

・土地家屋調査士の手数料/60,000円

(あやめ池司法書士事務所と提携している土地家屋調査士の場合)


・事前調査、登記事項証明書取得など
 約2,000円~3,000円程度

 

 ↓↓
これらの合計が登記費用となります。

 

 

建物の種類や構造の修正/表題部変更・更正登記の費用計算方法

・土地家屋調査士の手数料/25,000円

(あやめ池司法書士事務所と提携している土地家屋調査士の場合)


・事前調査、登記事項証明書取得など
 約2,000円~3,000円程度

 

 ↓↓
これらの合計が登記費用となります。

 

 

まとめ

建物に関する登記手続の費用計算方法は以上です。なお、あやめ池司法書士事務所にて、複数の手続きをまとめて行う場合、手数料部分については、お値引が可能です。少しでもお役に立てましたなら、幸いです。

 

 

建物の登記費用計算方法について
建物の登記費用のお見積りはこちら