大阪で中古マンションを購入する際の登記費用について【見積サンプル】

大阪市で中古マンションを購入する場合の登記費用の計算方法

大阪市内で中古マンション(2100万円)を購入する場合の登記費用の見積サンプルです。あやめ池司法書士事務所の「住宅購入登記/ローン利用プラン」を利用した場合の登記費用の見積サンプルを公開します。

見積もりの前提条件

  • 大阪市内で中古マンションを購入する。
  • 購入代金は2,100万円
  • 築9年で80㎡
  • 敷地部分の評価額300万円
  • 専有部分の評価額550万円
  • 住宅ローンを2,000万円利用する。
  • 必要な登記手続一式をお任せしたい。

登記費用の総額・内訳はこちら

住宅購入登記・住宅ローン利用プラン
種  別 手 数 料 税金等の実費
所有権移転 42,000 61,500
抵当権設定 23,000  20,000
住宅用家屋証明 10,000 1,300
事前物件調査   1,005
登記事項証明書   1,200
郵便代・交通費   1,530
小計 75,000 86,535
登記費用の総額 161,535

※別途、消費税が必要です。

登記手数料75,000円のみ!!

費用に含まれる作業一覧

  • 対象不動産の権利関係調査
  • 不動産屋さんとの打合せ
  • 金融機関との打合せ
  • 代金決済への立会
  • 所有権移転登記申請
  • 登記完了証回収、登記識別情報回収
  • 登記識別情報のお届け
  • 権利証の製本作業、権利証のお届け

登記費用の内訳の解説

手数料について

住宅ローンを利用して不動産を購入する場合、登記手数料は65,000円となります。今回の事例では、住宅用家屋証明書を取得することで、登録免許税の軽減措置を受けることが可能です。住宅用家屋証明書の取得のため、別途手数料10,000円が必要です。そのため合計手数料は75,000円となります。

所有権移転の登録免許税

今回の事例では、所有権移転登記の登録免許税が61,500円となります。 計算方法は次の通りです。敷地の評価額300万円×1.5%=45,000円 専有部分の評価額550万円×0.3%=16,500円 合計=61,500円 なお、本来であれば専有部分に対する登録免許税率は2%ですが、今回の事例では住宅用家屋証明書を取得し、軽減措置を利用しますので、専有部分に対する登録免許税率は0.3%になります。

抵当権設定の登録免許税

今回の事例では、抵当権設定登記の登録免許税が20,000円となります。計算方法は次の通りです。お借入金額2,000万円×0.1%=20,000円 なお、本来であれば抵当権設定登記に対する登録免許税率は0.4%ですが、今回の事例では住宅用家屋証明書を取得し、軽減税率を利用しますので、抵当権設定登記の登録免許税率は0.1%となります。

住宅用家屋証明書

住宅用家屋証明書の発行料は1,300円です。なお、今回の事例では、住宅用家屋証明書を取得することにより、登録免許税が下記の金額に減額されました。所有権移転登記(専有部分)の登録免許税=【本来の価格】110,000円→【軽減後】16,500円! 抵当権設定登記の登録免許税=【本来の価格】80,000円→【軽減後】20,000円 住宅用家屋証明書を取得することで、登録免許税が合計153,500円節約できました!

計算方法

所有権移転登記の登録免許税が61,500円となります。

計算方法は次の通りです。

-----------------

敷地の評価額300万円×1.5%=45,000円

建物の評価額550万円×0.3%=16,500円

合計=615,000円

-----------------

 

抵当権設定登記の登録免許税が20,000円となります。

計算方法は次の通りです。

-----------------

住宅ローンの金額2,000万円×0.1%=20,000円

-----------------

 

登録免許税は大阪法務局へ登記申請をする際に、あやめ池司法書士事務所が代理で納付します。

 


【登記情報・図面等事前調査】

大阪法務局にて対象マンションの権利関係を調査するための費用です。

 

【登記事項証明書】

登記完了後に登記事項証明書を取得し、お客差と金融機関にお届けさせて頂きます。登記事項証明書には、お客様のお名前、住宅ローンの内容などが記載されており、名義変更登記・抵当権設定登記が無事に完了したことをご確認いただけます。

 

【郵便代】

レターパック(510円)を3通使用します。

 

1通目/大阪法務局への登記書類を郵送 2通目/大阪法務局からあやめ池事務所へ登記完了書類の郵送 3通目/あやめ池事務所からお客様へ登記済権利証を郵送

 


大阪で中古マンションを購入する際の登記手続きの手順

ステップ1/あやめ池司法書士事務所へ電話またはメール

大阪/中古マンション登記費用の相談

まずはお電話・メールでお問合せ下さい。購入予定のマンションと住宅ローンについて、情報をお伺いした上で、登記費用のお見積書を作成します。実際にご依頼をいただくかどうかは、お見積書をご確認いただいたうえでご検討下さい。

 


ステップ2/正式依頼~不動産屋さん・金融機関と打合せ

大阪/中古マンション登記費用のご依頼

正式な登記依頼をいただきましたら、あやめ池司法書士事務所のスタッフが、仲介の不動産屋さん・金融機関と打合せをさせて頂きます。お客さまの作業負担は一切ありません。

 


ステップ3/物件資料の収集・登記申請の準備

大阪/登記費用の準備

あやめ池司法書士事務所のスタッフが、物件に関する資料・登記申請に必要な書類を収集します。基本的にお客様の作業負担はありませんが、戸籍や印鑑証明書など公的書類が必要になる場合があります。お客様で取得していただく書類がある場合、あやめ池司法書士事務所スタッフからご連絡を差し上げます。

 


ステップ4/代金決済に立会~管轄法務局へ登記申請

登記費用/大阪での売買立会

担当司法書士が代金決済に立会います。また代金決済時に、登記必要書類にご署名・ご捺印いただいます。そのため、お客さまの、あやめ池司法書士事務所へ事前の来所は不要です。

 


ステップ5/登記完了後、土地の権利証をお届け

登記費用/権利証の郵送

登記完了後、物件の権利証をお届けします。また、金融機関に抵当権設定登記完了後の必要書類を提出させて頂きます。権利証がお手元に届けば、登記手続きは無事に完了です。




あやめ池司法書士事務所なら大阪の登記費用が安い